サイトメニュー

誰でなる可能性があります

男性

ストレスは心身を乱します

人間は、人と関わらないと生きていけない動物です。そのかかわりは幼稚園や保育園からの幼児時代から始まり社会人などと生活のあらゆることのほとんどの人は、人と関わりながら生きています。その中では、楽しいこともあれば嫌なこともあります。おもい通りに行った時は、感じなかったこともうまくいかなくなったり意見が合わない時に、嫌だなと感じることが多くなることがあります。最初は、小さい悩みがどんどん苦痛になってしまい気分がすぐれなかったり会社や学校に行くことができなくなります。これは、社会的ストレスになります。この場合は、眠れなくなったり学校や会社に行こうとしても体がだるくて、気持ちは行かなくてはとおもいますが、実際は行くことができずそれが、自己嫌悪となって余計悩んで苦しんでうつ病を悪化させてしまうことがあります。どちらの場合もおかしいなと感じたら早めに病院にいって、診断をしてもらいましょう。もし、その時にうつと診断されたらうつ病診断書をもらって会社に提出してうつ病診断書の指示に従って上司や先生に相談して無理のない範囲で、過ごすことが大切です。うつ病の症状として眠れない・食欲不振・疲労が2週間以上続いたり、会社や学校に通うのが苦痛に感じられたら病院に相談するのがおすすめです。心の病気が原因でも内科を受診する人も少なくありません。治療する方法が違ってきますので、できれば精神科や神経科を受診するのがおすすめです。内科の場合は、精神的には正常で消化器的疾患という診断になる場合が多く、肉体を治療してもなかなか治らず余計に精神的に追い詰められていく場合が多く合って余計に病気が悪化することが多いからです。精神科ですと心の重い原因や悩みなどをしっかりと聞いてくれたり、うつ病診断書を出してくれて抗うつ剤などの薬を出してくれる場合が多いのでうつ病が改善される場合が多いです。また、うつ病診断書を出してもらってからの治療としては、身体を動かして心身のリズムを取り戻す運動療法や強制的に睡眠を妨げる抗うつ効果をもたらす断眠療法や心理的・精神的なところからアプローチする精神法があって最近は、患者が治療の選択をすることができるものも多くなってきています。