サイトメニュー

診断書をもらう

悩む男性

心が限界なとき

もう気持ちが落ち込みすぎて何も手がつかない、なぜが涙がとまらなくなった、もうどこにも逃げ場がないしこのまま消えちゃいたい。そんな気分に陥ってしまったときは、迷わず心療内科や精神科に行きましょう。全然怖いところではありません。つらい気持ちを吐き出せる場所ができるのは、とても楽になりますよ。そして自分をつらくさせる環境から離れたいと考えているのだったら、うつ病診断書を主治医からもらいましょう。会社勤めをしている人は、うつ病診断書を会社に提出すると一定期間、会社を休み療養することができます。主治医には「うつ病診断書を書いてください。これくらいの期間、会社をお休みしたいです」と申し出ましょう。「今、こんな症状があるため働けません」という証明書になります。これがないと休ませてもらえません。うつになったときは、まずはうつになる原因を取り除くことが大切です。仕事をしている人は仕事や職場の人間関係でうつを発症することが多くあります。自分の気持ち次第で何とかなるわけではありませんので、しっかり療養しましょう。一生懸命真面目に仕事してきたつもりだけど、仕事も人間関係もうまくいかず、朝起きるのもつらい。もうこれ以上何もしたくない、うつ状態で苦しい、職場に行きたくない、けど働かないと生活していけなくなる。そんな八方塞がりで苦しい状態にいるならば、心療内科を受診しましょう。心療内科は通院しやすい場所にあるところを選び、電話で初診の予約を取りましょう。このとき「初診なのですが」と言うと話は早くすみます。再診より診療時間が長めに設定されているので、すぐの日にちに予約が取れないことが多いですので、早めに予約を取ってください。主治医には、自分が今どんな状況にあって、どんなつらい気持ちでいるのかを話しましょう。そしてうつ病診断書を提出して会社に休みたい旨を伝えましょう。うつ病診断書は保険適用ではなく、文書料がかかりますが、これ1枚提出すればしばらく会社をお休みできるのですから、あとは心配いりません。心療内科を受診することも、うつ病診断書をもらうことも、休職することも、全然大したことではありません。焦らずゆっくりのんびり過ごしましょう。