サイトメニュー

制度の申請に必要

医者と看護師

認定率を挙げる為に

日本人の100人に一人はうつ病と言われている昨今、いかにうつ病と向き合いながら社会に溶け込み、生活を営んでいくかが大きな課題となっています。うつ病と診断された場合には、治療をするのに際して治療費の負担額を軽減する自立支援医療制度や、生活の負担を軽減する障害年金などに該当する場合があります。この場合には、医療機関からうつ病診断書を書いてもらい、自治体の窓口で申請を行う必要があります。うつ病診断書の書き方次第で認定されるかどうかが決まりますので、普段の診察でいかに症状を医師に伝えられるかが、非常に重要となります。うつ病診断書を書いてもらう場合には費用がかかりますが、提出先や申請内容によって若干費用は違ってくるのが一般的です。自立支援医療制度の申請や更新の場合には2000〜5000円程度、障害年金の申請や更新の場合には3000〜10000円程度と言うのが相場となっています。また、医療機関の規模や地域差などによっても若干の費用の差があると言うのが実情となっています。うつ病診断書の内容によって、治療費の負担や生活の負担を軽減する為に必要な制度の認定が左右されますから、いかに医療機関の選び方が重要となってくるかは言うまでもありません。安心してうつ病診断書を任せられる医療機関を選ぶ基準には、幾つかのポイントがあります。一つは心療内科と精神科のどちらを選ぶかになりますが、心療内科は軽度レベル精神科は重度レベルまで対応出来るのが一般的ですので、精神科を選ぶのが妥当と言えます。次に挙げられるのは医療機関の規模で、症例実績数で言えば大規模な医療機関になりますが、専任の医師が極め細やかに対応してくれるのは小規模なクリニックとなります。辛い症状をいかに医師に伝えられるかが鍵となりますので、小規模のクリニックの方が長期的に医師との意思疎通がとりやすい傾向があります。長期的に医師との意思疎通がとれていれば、うつ病診断書の記載内容もより詳細に書いてもらえる事に繋がりますから、申請した制度の認定率の高まる可能性が期待できます。