サイトメニュー

注意点を知っておく

ハート

気をつけることが大事とは

うつ病診断書をもらう際には、いくつかの注意点があります。実際に診断書をもらう際には気をつけておけばスムーズに診断書を請求することが出来ます。法律的にも医師は診断書の請求は断れないことになっています。ただ、医師は診断書を書きたくないのが本音だとされています。その理由として、とても大きな負担となっているからです。診察や治療以外に診断書を作成するのは医師の仕事を増やすことになります。そのため、スムーズに診断書を作成してもらうために期限を設ける方法があります。ある程度の余裕があれば、医師はうつ病診断書を作成しやすくなります。また、うつ病診断書は本人以外は請求することが出来ないので注意が必要です。家族や雇用主などでも請求することが出来ないとされています。医師も法律を知っているので請求には応じないと言えます。そうした理由から診断書を請求する場合は、必ず本人が行うということが基本です。本人であれば、逆に断ることが出来ないので本人が請求することがとても大事です。うつ病診断書をもらう際の方法を知っておくことも大事です。請求する際は、必ず目的を伝えておくことが大切なポイントです。目的が分からないと診断書を作成してくれないこともあります。どのような目的で使うのかを伝えておけば医師も安心して診断書を作成することが出来ます。小さなクリニックでは医師に直接うつ病診断書を請求することになりますが、大きな病院だと専門窓口で受付けをしています。医師以外の人が書いてくれることもあります。法律の改正で補助者であれば、診断書の作成を代行することが可能となっています。どのような医療機関を利用するのかによっても、システムが変化することがあります。事前にある程度調べておけば分かります。小さなクリニックなら医師に言えば快く診断書を作成してもらうことが可能です。提出先などを聞かれたり、書類に記入したりする場合もあります。大きな病院だと書類に記入するシステムになっていることもあるので注意が必要です。そうした意味では、小さなクリニックの方が診断書も作成してもらいやすいです。